Elite Dangerous Wiki
Advertisement
CrewIcon

ゲーム内アイコン

"「熟練したパイロットとの契約を無期限に締結する。パイロットは戦闘技術の訓練を受けており、戦闘機に配備したり、自分が戦闘機に乗っているときに船を操縦したりすることができる。」" ― ゲーム内説明

NPC-Pilot-Crew

Pilot crew

パイロットは宇宙船を操縦する人です。銀河系の独立したパイロットは全員、パイロット連合のライセンスを持っています。[1]

NPC[]

NPCパイロット(非プレイヤキャラクタ)は、遠隔操縦の艦載機を操作するクルー、またはプレーヤーが艦載機を操作している間の本船操作要員として雇用することができる。多くのステーションにあるCrew Loungeでパイロットを雇うことができます。

各パイロットは、最初の雇用コストを持ち、パイロットの戦闘ランクに基づいて、彼らの雇用中のすべてのプレーヤーの利益の一部を受け取る。利益配分には、商品取引探査データの販売、ミッションの完了、報奨金や戦闘バウチャー(金券)の引き換えによるすべての利益が含まれる。

Crew Loungeには、各ランクレベルに1人ずつ、5人のパイロットから雇うことができる。パイロットは一度に3人まで雇用できます。(採用のたびにCrew Lounge内が更新されるため、パイロットは常に5人から選択できます)

ランク 雇用コスト (CR) 利益配分 (%)
Harmless 15,000 2
Mostly Harmless 30,000 4
Novice 55,000 6
Competent 90,000 9
Expert 150,000 12

Fighter Hangar が装備されている場合は、1人のパイロットを乗組員としてその船に割り当てることができる(「Active」にして)。雇用されているが Active でないパイロットは、ステーションに残る(どこのステーションの Crew Lounge でも後からアクセスできる)。

パイロットの契約はいつでも解除できる。

現在、NPCパイロットは空のコックピット座席に座ることはない。彼らはバーチャル・リアリティーを使って、 「艦載機」 と主力艦を遠隔操作する。パイロットが死亡した場合、パイロットは失われる。増加したパイロットランクもすべて失われる。

メモ[]

  • パイロットは、アクティブか非アクティブかにかかわらず報酬を受け取る。
  • プレーヤーが支払いを回収する前にパイロットを解雇した場合、パイロットへの利益配分はない。
  • 船から出た艦載機が破壊されても、艦載機は遠隔操縦なため、パイロットは生き残る。しかし、船が破壊された場合、パイロットは失われる。
  • パイロットのランクは、戦闘経験とともに上昇する。[2]
  • 高ランクのパイロットを雇うより、低ランクのパイロットを雇って戦闘経験を積ませランクアップさせた方が利益配分が安くなる。 [3]

トリビア[]

  • パイロットは Elite Dangerous: Horizons v2.2 "The Guardians" のアップデート時に追加された。[4]

 関連事項[]

ビデオ[]

リファレンス[]


Translated Day
翻訳完了
このページは英wikiの同ページを 2018/10/16 の内容で翻訳したものです。「編集」からElite Dangerous Wikiを手伝うことが出来ます。
Advertisement